お金のかかる不用品処分で少しでも安く抑えるテクニックとは!?

費用がかかる不用品の処分について、少しでもコストを抑える節約術を公開しています!是非ご覧くださいませ! - 不用品を安く処分するテクニック

不用品を安く処分するテクニック

不用品の処分にはお金が掛かる。
普段のゴミ捨てや自治体の回収で賄える量や物品であれば良いが、引っ越しに伴う大量処分や自治体に回収してもらえないものはお金を払って不用品回収を依頼するのは避けられない現実だ。
そこで少しでも安く処分するためのテクニックを紹介しよう。

分別する


家全体の不用品処分のように大量に処分品がある場合、一括で業者に依頼してしまうことが多い。
となると業者は全てのゴミを分別・回収しなければならないため、人手も時間も掛かる。
そうなると料金も高くなるのが必然だ。
しかし業者によっては分別することで若干料金が安くなったり、手伝いを申し出ることで割り引いてくれる場合もある。
もちろん相応の労力が必要になるが、少しでも安くするために割り切ろう。

持ち込み処分

持ち込み処分ができる処分場や業者があることは意外と知られていない。
際限なく持ち込まれキャパシティを超えることを懸念して実施していない業者も多いが、探せば見つかる程度には存在している。
ごみの処分に掛かるコストのほとんどが収集・運搬によるものだ、と言われる通り持ち込み処分は無料や格安の場合が多い。大量の処分品を抱えているのなら大幅なコストダウンの可能性も見込める方法だ。

ご近所や友人に声を掛ける

不用品を捨てられずにいる人は意外と多いはずだ。
もうちょっと増えたら捨てよう、とか業者に頼むと高いし…と考えて捨てるタイミングを失っている。
普通に依頼してしまうと物品毎に料金が発生してしまうが、粗大ごみ回収業者の場合、積み込み放題などを実施している所もある。
積み込み放題を利用して、料金を折半できればコストダウンが見込めるだろう。
ただし事前に業者に確認することを忘れないようにしよう。

ちょっとした割引サービスを利用する

不用品回収業者の中には作業中や作業後の写真を撮ることで割引してくれることもある。
また最近ではインターネットでレビューを書くことでも割引してくれることもあるので、依頼前にしっかりと確認しておきたいポイントだ。

安くできるかは自分次第

運搬と収集にコストが掛かり、中間業者である回収業者の低価格化は難しい。
もちろん格安を謳う業者も存在するが、トラブルの可能性もあるので安易に利用することは避けた方が良いだろう。
とは言っても工夫次第で多少のコストダウンは見込めるはずだ。
ゴミにお金を掛けても仕方がないので、できるだけ安く処分できるように工夫しよう。